bg
TOP » 互助会の仕組みとメリット・デメリット » 互助会の脱会を考えている方に

互助会の脱会を考えている方に

互助会は脱会できても解約手数料がかかる

葬儀会社などが採用している互助会というシステム。文字面からすると利用者による助け合いのサービスのように見えるかもしれませんが、これは葬儀費用の一部を前払いするもので、割賦販売法によるビジネス手法です。その葬儀社による会員割引など優待が付いている部分もありますが、満期まで積立金を支払っても葬儀費用総額をカバーできるわけではなく、葬儀会社と利用者とでトラブルになるケースも見られます。

一方、近年は家族葬のニーズが増えているなど葬儀のあり方も変わってきているので、自分や家族などが以前から加入していた互助会があったとしても、別な葬儀会社に葬儀を依頼したいと考えることもあるでしょう。そうした場合、互助会を解約することはできるのですが、解約手数料を引いた金額しか戻ってこないこともあり、脱会を躊躇してしまうこともあるのではないでしょうか。また、葬儀会社としても優良顧客を簡単に手放したくないと考えるでしょうから、一般の人にとって互助会の脱会は簡単ではないともいえます。

葬儀会社による他社互助会の脱会サポートとは

現在、葬儀会社の互助会に加入しているものの、それを脱会して別な葬儀会社に葬儀を依頼したいと考えているなら、互助会の脱会をサポートしてくれる葬儀会社があることも知っておいてください。葬儀会社として専門知識を備えていますし、利用者としては簡単な手続きをすることで積立金を取り戻すこともできます。割賦販売法に基づいた解約手数料分は返ってきませんが、営業マンとのやりとりなど煩わしさからは解放されます。また、こうした脱会サポートに対応している葬儀会社の中には、その会社に葬儀を依頼する場合、解約手数料の一部を負担してくれることもあります。

今回、調査した金沢市の葬儀会社の中では、葬祭式典シオタニが互助会の脱会相談に対応していました。「互助会に入会しているけど脱会したい」「今の互助会を脱会して他の葬儀会社に乗り換えたい」という方は一度、相談してみるとよいでしょう。

互助会を脱会するには、加入している互助会の解約手続き書類を取り寄せて、身分証明書や印鑑などを揃えて提出、その後に返金を受け取るという流れになります。