bg
TOP » 互助会の仕組みとメリット・デメリット

互助会の仕組みとメリット・デメリット

葬儀会社による互助会システムはどんな仕組み?

葬儀会社など冠婚葬祭ビジネスを手掛ける会社の中には、互助会システムを採用して、月々の積立金を支払うことで式本番の費用に充てるといった方式をとっているところがあります。普通に考えるとこれは単に料金の前払いなのですが、もともとは地域で冠婚葬祭があった時のために、みんなで積立をしておこうという「近所の助け合い」的意味合いだったものが、今では経済産業大臣に認可された企業が運営する、割賦販売の一種といえます。

金融機関ではないため、積立金に利子はつきません。運営会社が倒産してしまった場合、積み立てた金額の半分は保障されます。完納額が決まっていて、満額になるまで毎月積み立てていって、結婚や葬儀の際に費用として使うことになります。

互助会のメリットとは

葬儀にしろ結婚式にしろまとまった金額が必要となるので、早いタイミングから互助会に入って積立をしておくと、いざ本番という時の出費を抑えることができます。また、葬儀会社による違いはあるものの、会員割引や会員特典などがあって、トータルでの支払額が安価になる可能性もあります。

割賦という意味では、葬儀ローンで後払いすると手数料分支払総額が増えますが、前払いの分割ならそれもありません。

互助会のデメリットとは

長期間にわたって前払いをしても利子が付くわけではなく、完納しても金銭として受け取ることができず、葬儀や結婚などに関連するサービスでの還元となるので、資産運用としてはあまり賢い方法ではありません。

ほとんどの場合、運営会社が倒産すると半額しか保障されませんし、他の用途で利用できない、解約手数料がかかるなど、デメリットも少なくありません。

確かに、葬儀は予期せぬタイミングで出費となる面があるので、互助会に加入していて正解というケースもあるでしょう。一方で、月々の積立金は数千円となっていて、葬儀費用をフルカバーできるわけでもなく、いずれにしても葬儀に際しては一定の出費が発生します。

互助会を脱会したいと考えている方をサポート

毎月、葬儀会社の互助会に積立金を支払っている場合、途中で葬儀会社を変えることはできないと思われがちですが、互助会脱会の相談に乗ってもらえるサービスがあることをご存知でしょうか?

実は、今までに積み立てた積立金を無駄にすることなく、互助会脱会をサポートする葬儀会社に、乗り換えることが可能なのです。

互助会の脱会相談
サポートについて

互助会に代わる会員制サービスとは?

互助会は、毎月、決まった金額を積み立てて、葬儀費用を前払いしていく方式ですが、入会金のみで、積立金を必要としない自社独自の会員制サービスを採用している葬儀会社もあります。金沢市内で会員制サービスを採用している葬儀会社を例に、どのような仕組みで、どのような特典が受けられるのかチェックしてみました。

互助会に代わる
会員制サービスについて